お問い合わせ区切り刊行物の購入方法区切り通信販売のご案内区切り刊行物のご案内TOPページ区切り(財)経済産業調査会TOPページ
財団法人経済産業調査会 出版案内
右三角刊行物総目録へジャンプ:
現在のリスト: 1 - 15
ペイジ: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
特許/知的財産

[ 知的財産実務シリーズ ][ 経済産業研究シリーズ・他  


新刊
改訂4版 条解 弁理士法詳しい情報ボタン
−平成26年・30年改正法対応−

特許庁総務部総務課制度審議室 編著
特許庁総務部秘書課 補訂

A5判 750ページ 2019年 5月 14日 発行 ISBN978-4-8065-3036-7
本体 5,000円(+税)  送料 実費

 本書は、平成12年の弁理士法の全面改正、平成14年の弁理士への特許権等の侵害訴訟代理権の付与、平成17年の裁判外紛争解決手続による業務範囲の拡充、平成26年の弁理士の使命の明確化、平成30年の標準・データ関連業務の追加などの改正を受け、その立法趣旨を示すものとして当時の法案作成者によって執筆されたものであります。弁理士法全体を解説した本は少なく、本書は、弁理士法を逐条解説した本としては、わが国で最も詳細なものであり、また弁理士法改正の経緯も解説されており、全ての弁理士必携の書であります。



刊行物の表紙画像


新刊
増補版 知財英語通信文必携詳しい情報ボタン

筒井 知 著

A5判 410ページ 2019年 4月 26日 発行 ISBN978-4-8065-3040-4
本体 4,000円(+税)  送料 実費

 本書は、知財英語通信文上達のためのtips(秘訣、ノウハウ)と日本人が迷いやすいポイントを中心に記載した文法の解説、そして実務に沿った豊富な例文集から構成される実践的一冊です。本増補版においては、文法事項をさらに充実させ、また、「知財英語通信文の具体例」の追加、「知財英語通信文に有用な短文例」の追加等大幅に加筆がなされております。英作文の初心者からベテランの方まで、幅広い方々の実務の座右の書として活用いただけます。



刊行物の表紙画像


新刊
米国特許クレーム例集詳しい情報ボタン
―現場で得たノウハウを例を用いて解説―

山下 弘綱 著

A5判 300ページ 2019年 2月 27日 発行 ISBN978-4-8065-3034-3
本体 3,500円(+税)  送料 実費

 本書の著者は、長い間米国特許の実務に直接携わり、米国特許商標庁からのオフィスアクションに対する応答を直接作成。審査官との面接も数百件ほど経験し、クレームの書き方や米国でのクレームを書く際の留意すべき点も熟知しており、また、日本から米国への特許出願にも数多く携わってきたことから、日本から米国へ特許出願する際に特有な課題も把握しております。そこで、本書では、著者のこれまでの豊富な経験を生かし、米国の特許クレームの作成について、多観点から説明しております。



刊行物の表紙画像


新刊
発明の容易想到性・進歩性の判断基準−事例研究−詳しい情報ボタン

特許業務法人 深見特許事務所 編

A5判 680ページ 2019年 1月 31日 発行 ISBN978-4-8065-3035-0
本体 5,900円(+税)  送料 実費

特許庁の進歩性に関する審査基準と、裁判所の進歩性・容易想到性に関する判決を十分に理解し、その理解を前提に特許実務に反映することは極めて重要なことと言えます。本書は、規範的要件としての進歩性・容易想到性について深く研究し、特許実務に的確に反映していくことがその目的であります。



刊行物の表紙画像



論点別 特許裁判例事典 第二版詳しい情報ボタン
迅速な調査と活用のために

高石 秀樹 著

A4判 390ページ 2018年 12月 13日 発行 ISBN978-4-8065-3032-9
本体 6,600円(+税)  送料 実費

本書を、出願段階、訴訟提起前の交渉段階の調査・検討の際や審決取消訴訟ないし特許侵害訴訟において、依頼者に有利な裁判例を迅速に発見する事や裁判所の判断の見通しを得るためにご活用ください。また、特許出願手続における中間処理において、審査官・審判官を説得する材料としてもご活用いただけます。特許実務家の必携書。



刊行物の表紙画像



改訂版 商標登録制度の解説と意見書27例詳しい情報ボタン

眞島 宏明 著

A5判 340ページ 2018年 11月 27日 発行 ISBN978-4-8065-3028-2
本体 3,800円(+税)  送料 実費

意見書の内容はケースバイケースであり、毎回熟考を要します。商標法についての深い法的知識と実務的能力を駆使して初めて優れた意見書を書くことができることから、意見書の作成にあたっては、その都度相当の時間と労力を割くことになります。そんな商標の意見書とは如何なるものか?それを知るには、その具体例を見るのが最も早くて効果的であります。本書はその材料を提供しようというものであります。



刊行物の表紙画像


現在のリスト: 1 - 15
ペイジ: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

 bookinfo@chosakai.or.jp

 http://www.chosakai.or.jp/books/

無断転載を禁じます 財団法人経済産業調査会
Copyright Reserch Institute of Economy, Trade and Industry.
お問い合わせ刊行物の購入方法通信販売のご案内刊行物のご案内TOPページ(財)経済産業調査会TOPページ